今は自分を待っています

今日、久しぶりにいらしたお客さんから
その方がご自分で作られた小冊子(通巻13号)をいただきました。
副題は「きらめき還るものたち」です。

なかなかおもうように書き進めなくて、何度も推敲を重ねた末の一冊。
その本のあとがきに

「幸いにも仕上がるまで待てた・・・
 自分を待つ。それは、自分を信用し続けることなのです。
 今までは仕事で人を待ったり、家族を待っていたのが、
 今は自分を待っています。」

『あとがき』から読むわたしは、
あとがきだけで 満足しました。
[PR]
Commented by 中井文菜 at 2010-10-25 14:06 x
なかなか書き進めなかったのですか
あとがき から私も読みます

あとがきだけで 満足するほど素敵な書籍だったのですね

ご自分で作られた書籍だから 思い入れもありますでしょうし
愛情のある書籍なのでしょうね 

優しい気持ちになりそうな書籍ですね
by tamaribakuji | 2010-10-20 22:10 | 日記です | Comments(1)