寒すぎ&乾燥注意報!   

月曜日、多摩川の宿河原堰の東京側を歩いていたら、
消防車と救急車が、土煙を上げて河原へ。
わたしがその現場に行った頃には、火は消えていて、
河原の草が黒く、焼けた匂いが残っていました。
随分前に鎮火したらしく、安心した鳥たちが、
いつもの場所に戻ってきたところでした。
出火の原因は、なんだったのかな。

1.じゃが芋の黒酢あん
2.青菜の中華風和え物
3.炒り大豆(鰹醤油)
4.いもがらと油揚げの煮物
5.手づくり豆腐
6.大根と人参の酢の物
7.平飼い玉子の出し巻
8.高菜漬け
9.焼きネギの味噌汁


寒すぎと乾燥で、手はかさかさです。
ストッキングを履く訳でもなく、手を握る相手がいる訳でもないので、
あんまり気にしていなかったのですが、
右手が左手を、左手が右手を気にしだして・・・。
いいお手入れのしかたを教えていただけたら、幸いです。

2月3日(水)は、節分ということなので、炒り大豆(鰹醤油)。
これは、京都では、お茶請けやお茶漬けのお供です。硬いですよ。

高菜は、ミミズハウスで購入。独特のいい香りのする葉っぱ。
和歌山に住んでいる時には、よく食べました。

野菜も縮こまりながらも寒さに耐え、
いただくわたしたちに、寒さに耐えれる力を与えてくれそうです。
[PR]

by tamaribakuji | 2011-02-01 00:49 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(2)

Commented by 唯(Yui) at 2011-02-01 01:24 x
塩漬けにした高菜の葉っぱを、海苔の代わりに巻いたおにぎり。小さい頃、和歌山の祖母がよく作ってくれました。
Commented by tamaribakuji at 2011-02-02 23:58
おにぎりだけれど、「めはりずし」という名前です。
大きくてまん丸で、目を張って食べるからだそうです。
美味しいよね。

<< 2月の予定 その先・・・ >>