雛の節供~旧暦と新暦~   

神様に供物を供えるところから「節供」と書きます。
水辺で穢れを祓い、水神を祀り、人形(ひとがた)を川に流すと健康になる
と信じられていた流し雛が雛祭りの原型だそうです。
新暦(太陽暦)だと3月3日は、まだ寒いですが、
旧暦(太陰暦)だと1ヵ月後、春爛漫。
日本の行事は、太陰暦に合わせて作られたものだから、
太陽暦でその行事を行うと、季節感としては、無理があるよね。

1.じゃが芋の豆乳クリーム煮
2.春キャベツのマリネ
3.大豆の甘辛煮
4.青菜の胡桃和え
5.平飼い玉子の出し巻
6.手づくり豆腐(デザート風)
7.刻み昆布の煮付け
8.お味噌汁
9.大根の梅酢漬け


そうは言うもののお店には、
石ころのような焼き物のお雛さんと
和紙を使った折り雛と
京都で買った小さな立ち雛を飾っています。
どうぞ愛でてくださいませ。
[PR]

by tamaribakuji | 2011-03-01 08:05 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

<< 3月の予定 薄氷を・・・ >>