初夏のことりっぷ

朝寝坊したのだけれど、お天気がいいので、江ノ島へ行こうっと。

キャップをかぶり、ウィックロンのTシャツと
EASTBOYの七分丈のカーゴパンツ、
TEVAのサンダルに、リュックをかついで、
今日は、少女(無理がありますが)でいこう!

登戸から小田急で約1時間、480円、おぉ、素晴らしい。
電車って、すごい。

今日は少女なので、先頭車両の一番前=運転手さんの斜め後ろ。

この場所だから、見えるもの。
景色が前からやってきて、後ろにとんでいく。

とことん真っ直ぐな線路
イメージよりずっと狭いトンネル
何ヶ所も保線作業をしている人たちがこんなにいるんだ
大和駅の少し手前に平地林(杉林だったみたい)が不思議
そして、スピード感。乗ってるじゃなくって走っている感じ。

電車のことばかりになるけど、
最初の急行の運転手さんは、しっかり声を出して指差し確認!
次の快速急行の運転手さんは、あくびしながら指差し確認!
三つ目の各停の運転手さんは、ベテランの風格の指差し確認!

片瀬江ノ島から江ノ電沿いに腰越駅まで、
懐かしい雰囲気が残る町並みを歩いて小さな港、腰越に。
漁港には、小さな小屋が並んでいて、なんだろなって思ったら、
船を陸に引き揚げるモーターのための小屋だった。
年配の漁師さんが船を揚げて。
太ももまである長靴を履いて、いつもの作業をしている姿が
かっこよかった。

腰越海岸の波打ち際を歩いた。
波に足を洗われながら。
海の水に触れるなんて、10年ぶりのことだぁ~。
それに気づいて、びっくり。

土曜日の夜にいらしたお客さんが、海水浴シーズン前の
今頃の海は透明度が高くて潜ると楽しいそうです。
波打ち際は温かい海水だけど、泳ぐと寒いんだろうな。

黒くて粒が揃った砂浜に重機が入って「海の家」を建てていた。
もうすぐこの海岸も人でいっぱいになるんだ。

ようやく、江ノ島
江ノ島って、小さい島にてんこ盛り。
弁天さん、ヨットハーバー、海の幸食堂、温泉、
洞窟、釣り、庭園、展望台・・・あと観光客。
メインの弁天さんは、開運とか縁結びとかのご利益があるそう。
どちらもありがたいことです。

江ノ島に来たのはね、
潮風に吹かれたかったのと、樹が見たかったから。
海からの強い風を受けた樹の形がいいの。
逞しくそこにいるって感じの樹形と林相を見ると
ぞくぞくわくわくする。
なんだかロマンを感じるの。

ちょうどいい天気、ぷらぷら歩いて、歩いて、
階段を登って降りて、登って降りて。

帰りの電車は、乗り換えなしだったので、ぐっすりでした。
[PR]
Commented by みるくてぃー at 2011-06-07 08:20 x
江の島いいですよね☆


夕焼けの写真撮りたくなります!!
Commented by ripple at 2011-06-07 11:38 x
梅雨の晴れ間
江の島の展望台
トンビが舞う
海の向こうは
三浦半島だろうか

江の島には鍼治療の鍼の管(くだ)を
考案した江戸時代の鍼師・杉山和一
のお墓があり、ときどきお参りします。

江島神社の手前右側の海の見える所
です。福石という石があります。

いい一日でしたね。(^-^)
Commented by tamaribakuji at 2011-06-07 22:38
梅雨の晴れ間の月曜日、ラッキーです。
杉山和一のお墓もお参りしました。
表参道の喧騒から離れた静かで眺めのいいところですね。

夕焼けか~。
20歳の時にUKKO(友だち)と来た時に、
海岸で夕日を眺めたな~。

その昔
そのまた昔から
参詣者と観光客を惹きつける
てんこ盛りの江ノ島
乞、再見!


by tamaribakuji | 2011-06-06 21:56 | 日記です | Comments(3)