お彼岸の中日   

火曜日が祝日、という日はなかなかないですが、今日は、春分の日でお休み。
ちょっとだけど、用事を兼ねて緑化センターからたまりばーるまでお散歩。
多くの人が、春の日差しと風を楽しんでいた。
休日らしい雰囲気を味わえたことが、なんだか幸せだった。

1.しろ菜のトマト煮
2.ほうれん草と人参の和風ロール
3.平飼い玉子の出し巻
4.手づくり豆腐
5.青菜のカラシ醤油和え
6.あんこ餅
7.キャベツのピクルス
8.コウサイタイの浅漬け
9.からし菜と小町麩のお味噌汁


お彼岸なので、あんこを作ってちっちゃい焼き餅に乗せて、あんこ餅にします。

昨日、献立を考えるのにモスバーガーに入った。
そこに、背広を着た男性が3人、入ってきて、お仕事の話をしていた。
どんなお仕事かはわからないけれど、会話の中で
得意げな感じの声で「震災特需」っていう言葉が聞こえてきた。
「震災特需」でよく売れている、そうだ。
なんだか生々しい感じがした。

昼間は暖かかったけれど、夕方から急に寒くて、
来週末に桜が開花するっていうけれど・・・。
でも、来週から2週間「お花見御膳」を作ります。
材料一つ一つに合ったダシと調味料の割合で別々に炊く、有機野菜の炊き合わせ。
ダシの香りに包まれながら、炊き合わせを作るのが、今から楽しみです。
[PR]

by tamaribakuji | 2012-03-20 23:27 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(2)

Commented at 2012-03-23 02:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamaribakuji at 2012-03-26 20:49
お店のファンでいてくださって、ありがとうございます。

「得意げな感じの声で「震災特需」っていう言葉が聞こえてきた。
「震災特需」でよく売れている、そうだ。」だったから、っていうのと、
初めて直接耳にしたので、正直、ぎくっとしたんです。

そうですね、「復興特需」が震災で打撃を受けた人たちにとって
経済的な意味で支援になっているとも思います。おっしゃるとおり
「復興特需」言葉自体には否定的になることは、よくないと思います。

忌憚のないご意見、ありがとうございます。

<< たまCHANクラブ誌「地面の上... わたしが、作りたいもの、食べたいもの >>