貧乏性でよかった

今日は、お花見期間が終わっての久しぶりにゆっくりできるお休み。
家でごろごろしようと夕べ眠りに就くときまでは、そう思っていた。
寝不足だったし・・・、疲れがたまっていたし・・・。

がしかし、「根が貧乏性」、そして加齢のためオチオチ寝ていられなくて、
目が覚めたら、「ウゥ?なんだか元気そう、動きたい!」
どうしようと、頭の中をぐるぐるさせていたら、
「そうだ!高尾山に行こう!」
そう思って起き上がったのが、8時半過ぎ。
9時23分宿河原発立川息に乗り、
高尾山口駅に着いたのは、10時20分
山やお寺の満開の桜と柔らかい緑の新芽とが車窓から見えました。

今日は、古の人びとが歩いた金比羅台コースから登り、
自然林が残る吊り橋コースを経て山頂に、
もちろん山頂付近は、人がいっぱい、
下りは、尾根を歩く稲荷山コースを歩きました。

自然って、ありがたい。
樹々と土と空気と光が、
わたしを温かく迎えて包み込んでるように感じさせてくれる。
わたしが眼差しを向ければ、きちんと向き合ってくれる。
理想の恋人のよう。
[PR]
by tamaribakuji | 2012-04-16 21:43 | 日記です | Comments(0)