エクスチェンジ、

昨日、お知らせしていたエクスチェンジ、もの×かたり がありました。
食事に来たお客さん、とおりがかりの人、
このイベントを楽しみにいらっしゃった人・・・。
いろいろな人がそれぞれの思いで、このひと時を味わっていらっしゃいました。
a0132059_12583992.jpg

竹のラックには、ワンピースが並び、
棚には、Tシャツやアクセサリーなどステキなアイテムが・・・
キッズ&ベビーコーナーは、かわいくってかわいくって
「もう着れないな~」って思っていた洋服が、
「まぁ!ステキ!!」って思う人に出会って、息を吹き返す。
参加した人・ものたちがみんな幸せ気分になった気がします。

そして、かたり・・・
どんなふうにして、避難してきたのか、
避難してきたどんなことがあり、どんな想いをし、
これからどんな暮らしを、何を大切にして生きていこうか、
一人ひとりの人に語りかけるように。

突然襲ってきた史上最悪の放射能事故の被害者という当事者になり
意思とは関係なく、たくさんのことを捨てて、
選択の余地もなく選択させられ、
子ども、家族、自分を守るために混乱の中、
精一杯生きてこられたと思います。

「かたる」ことで、自分ひとりで抱えきれない思いを共有でき、
浄化され、楽になったら、生きる力になります。
でも、公開の場で「かたる」ことは、どんな人が来ているかもわかりません。
必ずしも安全が保障できている訳ではありません。
それに「かたる」ことで、自分の内面を揺さぶられる、
すごいエネルギーが必要なことです。

それでもなお、「かたる」のは、
つながれる人とつながりたい、
同じ体験をした人々の力になれたら、
という強い思い・勇気・希望を、深い悲しみと不安を抑えながら
「かたる」声から感じました。


フェイスブックを見られる方は、以下のページを見てもらえたら
エクスチェンジの様子を見ていただけます。
http://www.facebook.com/etsuko.kanayama.9?viewas=100000686899395&returnto=profile#!/events/431158950248788/
[PR]
by tamaribakuji | 2012-07-23 12:38 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)