たまCHANクラブ誌「地面の上と下」Vol.3   

昨日は、朝からずっと、「地面の上と下」の作業をしていた。

一緒にたまCHANクラブを主催しているつなぎ堂のはせやまちゃん。
まじめでおっちょこちょいの愛すべきパートナーです。
いつもわたしの足らないところを助けてくれる頼もしい彼女です。

朝、はせやまちゃんに原稿メール2通を送って、
宿河原の文房具屋さんで筆ペンを買った。
お店の人が、とても丁寧に筆ペンの説明をしてくださったおかげで
思っていたような筆ペンを買えた。朝から嬉しい。

そして、今号の表紙は、わたしが描くことにしていて、
それで、ミニトマトの写真をケイタイで撮っていたのですが、
それを プリントに久地駅前の写真屋さんに行った。
初めてのことなので、そして、基本的なことを何一つ知らないわたしに
お店の人が、とても丁寧に説明してくださって、
スムーズにほしい写真をプリントできました。朝からもう一つ嬉しい。

この後、表紙と編集後記と自分の原稿を4時間、
その場から動かずに書いた。
ふ~、と一息つく間もなく、印刷するために多摩区役所へ。

はせやまちゃんから連絡、
印刷用紙をまだ買っていない。というので、用紙を買いにいったら、
今度は、
印刷するためのカードを忘れたから、印刷できないかも・・・。
とりあえず印刷室に行ったら、カードを取りに行ってくることになった。

ここで、わたしが頼んでいた原稿がはさやまちゃんにうまく伝わっていなくて
原稿もとりに行くことに・・・。

原稿を組んで、印刷を始めたのが午後6時前。
わたしの原稿を持ってはせやまちゃんが、戻っていたのも束の間、
福島から来ている子どもたちの合宿ボランティアに行っちゃった。

部数を間違って印刷して、用紙が足りなくなった。あ~、どうしよう。
文房具屋さんが閉まる15分前に、
助っ人Yさんに連絡できて用紙を買ってきてもらった。

印刷はできたのだけど、紙折り機がうまく作動しなかったのを
Yさんがマニュアルを見つけて、問題解決。

どうなるか、と思いながらも8時40分、カタチになった。
嬉しい~、ビールが美味しい~。

10時半にはせやまちゃんに印刷カードを渡し、
無事できたことを喜び合って、作業が終了。

今回は、山口の周防大島に移住した大田ふみさんからや
八丈島に赴任したあかねさんからの原稿を含め、20ページに!!。
Vol.1は、12ページ、Vol.2は、16ページ、Vol.3は、20ページ。
量が増えるってことも嬉しいですが、内容充実、
ええ感じに出来上がりました。

1部50えんです。どうぞ読んでください。

わたしは、写真手描き合成の表紙絵、「福島から届いた苗のミニトマト」と
「たまりばーる」という『場』を開くに至った思い&その思いを大切にしていることを
諸事情のため、手書きで書きました。(汚くて、ごめん)
渾身の1ページ半です。

 *本日は、もう一つ投稿しています。そちらもご覧ください。
[PR]

by tamaribakuji | 2012-08-07 09:48 | お知らせ・催し物情報 | Comments(2)

Commented by なな at 2012-08-11 01:17 x
多摩区役所で印刷できるのですか?
Commented by tamaribakuji at 2012-08-11 18:57
市民活動団体として登録すれば、できますよ。

<< カレーパーティの献立 わたしが食べたい!!夏を乗り切... >>