お近くで、関心のある方はどうぞ   

太陽光発電がいちばんとは思いませんが、
脱原発に向けて具体的に考える機会になると思います。

以下の案内を転載します。

世田谷発・市民が広げるソーラーエネルギー
  保坂区長、ドイツのソーラー・パイオニアとともに
  http://www.foejapan.org/energy/evt/120819.html

福島第一原発事故をへて、脱原発へ舵を切ることができるか、今大きな転換点
を迎えています。同時に、市民によるエネルギーシフトへの具体的な取り組み
が各地で起こり、原発から自然エネルギーへのシフトは実際に可能であると、
力強く、魅力的に発信しています。

このたび、南ドイツの小都市エアランゲンで、ソーラーエネルギー利用促進の
市民活動に長年取り組んでいるマーティン・フントハウゼン氏が来日します。
世田谷区から脱原発・エネルギーシフトを発信する保坂区長や世田谷で活動す
る市民とともに、これからエネルギーのあり方、地域のあり方を考えませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆プログラム:
1.世田谷から始めるエネルギーシフト「地域フォーラム」始動!
  保坂展人/世田谷区長
2.市民が広げるソーラーエネルギー
  ~ドイツ・エアランゲンの取組みと日本の市民へのメッセージ
  マーティン・フントハウゼン/ソーラーエネルギーエアランゲン
3.質疑&パネルディスカッション
  保坂展人/世田谷区長
  マーティン・フントハウゼン/ソーラーエネルギーエアランゲン
  浅輪剛博/トランジション世田谷 茶沢会
  伊藤麻紀/太陽光発電所ネットワーク
  吉田明子/国際環境NGO FoE Japan

◆日時: 2012年8月19日(日) 13:30~16:00
◆会場: 北沢タウンホール(下北沢) ミーティングルーム(3F)
      http://kitazawatownhall.jp/map.html
◆資料代: 500円

◇マーティン・フントハウゼン氏プロフィール◇(Martin Hundhausen)
ドイツ・エアランゲン在住。エアランゲン大学物理工学部教授。専門の半導
体光物性の研究を行う一方、太陽エネルギー利用促進を行うNGO団 体「ソー
ラーエネルギーエアランゲン」の代表として、ソーラーシステムの学校施設へ
の導入や子ども向けのTV教育番組の作成に精力的に取り組む。

◆主催: 国際環境NGO FoE Japan、トランジション世田谷 茶沢会、
     太陽光発電所ネットワーク
◆協力: 世田谷から未来をつくる会、世田谷エネルギーシフト55
◆申込: ウェブサイトよりお申し込みください。
     http://www.foejapan.org/energy/evt/120819.html

◆連絡先: 国際環境NGO FoE Japan www.foejapan.org
Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219
Email: softenergy@foejapan.org
[PR]

by tamaribakuji | 2012-08-15 23:09 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)

<< ゆっくり夏休み 出番待ち、登場!! >>