椎茸を焼いてみて   

きのこ嫌いの人もいるようですが、
きのこは、食感、味、香りが楽しめて
しかもお出しがとれる☆☆☆

多くは買ったら、早く調理した方がいいのですが、
きのこは、特に香りの劣化が早いです。

先週の献立に「青菜と椎茸のおひたし」がありました。
椎茸は、コンロの上で網焼きにします。
そうすると、香りがよく出てきます。
焼くときには、まずひだのある裏を焼いて香りがしてきたら
ひっくり返して、表を焼きます。
そうすると、裏のひだのところから汗をかいたようにふつふつしてきます。
そのくらい焼けたら、できあがり。
表→裏の順に焼くと、美味しいこのお汁が落ちてしまうので、ご注意ください。
火加減は、そこそこ弱火で。

焼いた椎茸は、そのままでも、適当に切って、
ちょっと醤油濃い目のお出しにつけておきます。
この時期なら1週間近く美味しくいただけます。

おひたしのほかに、白和えやお吸い物、炒め物や煮物に添えても
いろいろなお料理に応用・展開して使えます。

きのこ好きの方、是非お試しください。
調理をしている時に香りが楽しめて、
食べる時にもまた楽しめる、お得なきのこの調理法です。
[PR]

by tamaribakuji | 2012-12-06 07:43 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

<< ルイボスCHAリティー たまCHANクラブ誌「地面の上... >>