2年目の3.11

今日は、みなさん、どのように過ごされたでしょうか。
月曜日、お仕事されていた方も多かったと思います。

わたしは、今日と言えば、今日なんですが、0時~2時に
届いたメールの返信をどう書いたらいいのか、考えあぐねていました。

そのメールは、「とらちゃんプロジェクト」という東北のママと子どもに
絵本を届けたり、FMラジオをママに絵本の朗読で、安らぎを届けたり
という活動をしているグループからのものでした。

定期的に発行している通信に、たまりばーるの紹介を記事にしたいということで、
そのこと自体は、悩ましくないのですが、
「東北のママに向けて ひとこと」と書かれていて・・・・・・、なんて・・・言葉を・・・
そんな言葉なんて、考えてもなにも浮かびません。
そして、わたしが返信のメールに書いたことは、

      東北のママに向けたひとこと、なんておこがましいことです。
      わたしは、何も応援らしきことはしていませんし、
      震災のことをきちんと考えてもいません。
      「東北に思いを寄せる」っていうことも、わかりません。
      わたしは、東北への思いのある人、
      きちんと向き合って考えようとしている人の
      ほんの小さな何かお手伝い的なことができれば、幸い、と思うだけです。


 だから、どう書いていいのか、わからない。

 そして、「東北のママに向けて ひとこと」ということで書いたのは、

     ふだんは、すまして標準語っぽくしゃべっていますが、
     大阪出身、ベタベタの大阪のおばちゃんです。
     この冬は、ほんまに寒かった!
     待ち遠しかった春がやってきて、
     鼻水を垂らしても目が痒くても、やっぱり春は嬉しいわ~。
     今までも、これからも、
     自分の持ち場で、自分のできることを気持ちよくしていきたい、と思う春です


         これが、適切なのかもわかりません。でも、これがわたしなんだと、


そして、朝寝をして、
築地に「お花見用」の食材を買いに行った帰りに銀座まで歩いた。
途中に、岩手県のアンテナショップがあって、その前で学生らしき人たちが
義援金の募金箱を持って、街ゆく人に呼びかけていた。
「岩手日報」の号外を配っていた。

銀座三越に、お使い物を回に寄った地下の売り場は、
「ホワイトディ」と「さくら」のお菓子でいっぱい!
14:46に、黙祷の館内放送があった。

震災から2年経った東京のまちのひとつの風景を見ました。


それから、登戸の「ぐらすかわさき」で
《東日本大震災から2年「今、感じていること」交換会》に遅れて参加。

そこには、震災のことにきちんと向き合おうとしている人、
わたしがしらないですませていることを知っている人、
お互いの思いや考えが違っていても丁寧に聞こうとしている人がいました。
[PR]
by tamaribakuji | 2013-03-11 23:50 | 日記です | Comments(0)