風立ちぬ、観ちゃった☆

川崎からの南武線の車中です。

テレビでこの映画の制作の様子を見てしまってから気になっていた。
連休の最終日の夜、チネチッタのレイト上映

風立ちぬ、は、
零戦の設計士堀越二郎の話だと聞いていたんだけど、そうじゃなかった。
確かに堀越二郎という名前の飛行機の設計士が主役だったけど、
まるっきり違った。

実在の人物を描いた訳でもなく、戦争映画でもない。
間違いなしのファンタジー。

宮崎駿さんが好きなもの、盛り込みたかったことを心を尽くして詰め込んだ、
ロマンチストな宮崎駿さんの夢そのものの映画。
自分のために作った、道楽者の映画、引退作品にふさわしい。

そして、夢を持って生きようよと言っているように思えた。

いろんな意味を込めて、
今のわたしにとっては見てよかったと思えた。

見終わってから気がついたんだけど、
宮崎駿の映画を映画館で見たのは、もののけ姫以来で、これで二作目。
まあとにかく美しい映像だった。

尚、子ども向きではありません。
おとなの映画っていうか、おじさん&おばさん向けな感じです。
[PR]
by tamaribakuji | 2013-09-17 00:02 | 日記です | Comments(0)