芋がらとゆず   

今週の「乾物パラダイス」は、芋がらです。
芋がらとかずいきとか言って、里芋の葉柄で、
それをを乾燥させたものが乾物にして保存できます。
独特の食感と風味があり、食物繊維が豊富で、おなかをお掃除してくれます。
水に戻して、ゆがき、アクを抜いてからお揚げさんなどと一緒に炊きます。

1.芋がらの当座煮
2.ゆず大根
3.里芋の味噌炒め
4.春菊の胡麻和え
5.平飼い玉子の出し巻
6.手づくり豆腐
7.変わりなめたけ
8.赤かぶの甘酢漬け
9.黒大豆とキノコのすいとん


ほうとうは、お粉に黒大豆を混ぜて、豆餅みたいにしてもようと。

春菊の胡麻和えは、春菊がほうれん草に変更になる場合があります。

今週も寒さは続きそうですね。
風邪ひきさんにならないように、ちょっと早めにご用心ください。

遅くなりましたが、やっとゆず茶を漬けました。
ゆずをいっぱい触っていると、手がすべすべになって、オオ~ってなります。

美味しいエキスが出てくるまでしばらくお待ちください。

それまで、引き続き「ほっとジンジャーオレンジ葛湯」を用意しています。
[PR]

by tamaribakuji | 2014-02-11 09:22 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

<< 今週は、乾物五種類登場です ゆっくり月曜日 >>