18日(日)までです。どうぞ見に来てください

「祝島・長島の自然」をテーマにした毛糸絵画「ネアリカ」
日曜日までです。
子どもさんにも見て、知ってもらいたいです。

主催者の思いが詰まっています。
是非いらしてください。


17日(土)午前中には、主催のきみこさんとのお話会もあります。
こちらもよかったら、ご参加ください。

●「祝島・長島の自然」 ~ネアリカ作品展~

     山口県上関町の祝島・長島周辺の自然をイメージし、
     毛糸で描いた絵画(ネアリカ)の展示。
     たなべきみこさんが呼びかけで、
     様々な年代の方に制作した作品たちです。

【祝島・長島ってどんなところ?】
7割以上の自然海岸が残り、小さなクジラ「スナメリ」も頻繁にみられる。
現在、ここに原子力発電所の建設計画が進められている。


●トーク&トーク♪ 5月17日(火)10時~12時
展示の主催者きみこさんと、この島と海と人々のこと、そして原発計画のことを
一緒にお話する集いです。(参加費:お気持ちで)
終了後お時間のある方は、ランチを食べながら参加者同士の交流もどうぞ。

(下記、きみこさんより)
--------------------
☆ この「ネアリカ」にこめた思い~たなべきみこ~

開発の進んだ瀬戸内海で、自然の海岸が残っている地域は約2割。
そんな中、上関町には7割以上の自然の海岸が残っていて、瀬戸内海のほかの海
域でほとんど見られなくなった野生の小さなクジラ「スナメリ」も、長島・祝島
のまわりで頻繁に目撃されています。

ここに上関原子力発電所の建設計画があることを知った私は、このことを多くの
人に知ってもらおうと、祝島・長島の自然をモチーフにしたネアリカを、さまざ
まな方に作って頂くワークショップを開きました。
今回展示した作品は、主婦、中学生、社会人など幅広い世代の方々が、想いをこ
めて作ってくださったものです。

この作品を通じて、多くの方が、祝島・長島について興味を持って頂けたらうれ
しいです。

祝島・長島の海について詳しく知りたい方は、
店内にあるパンフレットや下記ホームページをご参照ください。
●祝島のことについて:「祝島ホームページ」
●祝島・長島周辺の自然について:「上関の自然を守る会」のホームページ
●上関原発の建設反対運動について:「祝島島民の会ブログ」

また、祝島を撮影した映画が二本あります。どちらもHPで予告編がみられます。
「祝(ほうり)の島」監督:纐纈(はなぶさ)あや
「ミツバチの羽音と地球の回転」監督:鎌仲ひとみ


長いお知らせを読んでくださって、ありがとうございます。



[PR]
by tamaribakuji | 2014-05-15 16:35 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)