エチオピア 飲み比べ

コーヒーのルーツ「アラビカ種」
「美味しいコーヒーだな~」と思って飲んでいるコーヒー豆の品種の代表格の「アラビカ種」
その原産国は、エチオピア。今でも野生のアラビカ種のコーヒーの木が自生しているそうです。

それぞれの個性が光るように焙煎された3種類

☆ハイロースト(ちょっと浅めの焙煎) ハル ウォッシュト
 果実感のある酸と余韻に広がる甘味を感じる、清涼感のある初夏のコーヒー

☆シティロースト(定番のブレンドと同様の深さの焙煎)デボ ウォッシュト
 エチオピアらしい華やかなフレーバーと心地よい酸を持つ飽きのこないコーヒー

☆フレンチロースト(アイスコーヒーなどに合うしっかりした焙煎) ゴティティ ウォッシュト
 苦味と甘味に加え、しっかりとした果実味を持つコーヒー  アイスコーヒーもできます。

お好みの焙煎から味わってみてください。
a0132059_23564415.jpg
こんな感じの雑木林みたいな所で栽培しているそうです。

[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-19 23:28 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)