カテゴリ:日記です( 337 )

盛りだくさんな月曜日

先週の月曜日は、お店で仕事があったので、今日は久々の休日気分。
朝、夜行バスで和歌山の祖父母の家から帰ってきた娘から
海岸や山、和蜂の巣などのみやげ話を聞く。
わたしも9年前まで住んでいた所なので、
その光と風と匂いを感じて、気持ちいい目覚め。

部屋をサッサッと片付けて、お店用のものを買いに向ヶ丘遊園へ自転車で。
きのこのパスタ(大盛り)を食べてたまりばーるに。

おなかがいっぱいになると、眠くなる、で、
ガテマラ(コーヒー)を飲んだら、とっても美味しい、幸せ、目もぱっちり。

そして、4月にメニューブックをリニューアルできたらいいなって、
絵本の原画展をしてくれたヒロクにお願いしているので、
新宿の世界堂へ、用紙なんかを買いに出かけた。
以前はよく行っていたのですが、新宿、久しぶりです。
人が多くてごみごみしていてって印象なのに、
今日は温かい陽気のせいか、まちが輝いて見えた。不思議。

世界堂で一生懸命、紙を触って色合いを見て、組み合わせてみて、
目がとっても疲れたけれど、自分の感覚を使うのは、楽しい時間。

そして、伊勢丹の地下で、パンを買う。その時、はっと気づいた。
21日(日)、なんの日か思い出せないでいたのが、
ふっと思い出して、汗が出たような血の気が引いたような・・・・。
わたしの大事なひとの一人のお誕生日でした。
わたしの余裕なさの表れ。
湯船につかりながら今の自分とお話しました。(反省とも言う)
[PR]
by tamaribakuji | 2010-02-23 00:20 | 日記です | Comments(0)

昨日の火曜日は、
テレビ神奈川の番組「コンシェルジェかながわ」の取材がありました。
終わってから、レポーターの方とお話ができました。
そう、わたしがレポーターです。
フリーでお仕事をされているとか、出身地や大学、就職してからのこと。
そして、「将来の夢」を聞かせてもらいました。

夢のこと、夢に向かって歩んでいる話を聞かせてもらって
わたしは温かく幸せな時間と心地よさをいただきました。

[PR]
by tamaribakuji | 2010-02-10 22:31 | 日記です | Comments(0)

7日、日曜日、たまりばーるでバロックコンサートを開催しました。
フェルメールの絵に描かれているバァージナルと
フルートの古楽器フラウト・トラヴェルソのペアによる演奏は、
時を越えて人の営みに思いを馳せる、という
ロマンティックな気持ちにさせられる素敵な時間でした。

バァージナルは装飾性の高い美しい楽器ですが、
見た目の美しさもさることながら
その音色が心に語りかけてくることにうっとり。

朝倉さん木村さん、たまりばーるでの2度目のコンサート。
秋に3回目をできたらいいなと思っています。

なかなかこんな身近で聞けない素晴らしいコンサートです。
次回はぜひいらしてください。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-02-08 01:56 | 日記です | Comments(0)

 定休日の月曜日は、出かけることが多いのですが、
 貯まってしまった苦手な仕事を片付ける日であったり、
 休みの日にしかおしゃべりできない人と電話したり、
 「ハー」っと、ぼんやりなんとなく時間をすごしたりします。
 今日は、「寒くなるよ」と娘に言われて、どっさり料理本を持ってお店に行き、
 コーヒーを飲みながらページをめくっていました。

 そして、東京に住んでいる時の同居人のりかちゃんに
 教えてもらいたいことがあって電話。
  *りかちゃんについては、2009.12.14のブログをご覧ください。
  
   りかちゃんとは、月に1度はゆっくり話をしたくなります。

2010年、年頭の話題は、

 人には、言いたい事と言いたくない事、
      言わなくてはいけない事と言ってはいけない事、
      そして、言えない事と言っても伝わらない事があって、

      言いたいのに言えないのは、辛い、もどかしいし、
      言いたくなくても言わなくてはいけないのも、しんどいし、
     
      言ってはいけない事を言ってしまうことがあっても、
      言わなくてはいけないことを言えないでいたり

  
 そんな感じでお互いの課題について語りあった。
    今日も結局そんな話かな。

  言いたい事を聞いてもらえる事は幸せなことです。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-02-02 00:08 | 日記です | Comments(0)

前に住んでいた世田谷の最寄駅千歳船橋まで自転車で行きました。

堀口珈琲で娘とサンドイッチとパフェを食べて満足。
経堂の器屋さんで、竹のお箸と小さなスプーンを購入。

その後、お客さんに教えてもらった「夏椿」に行きました。
立派な和風の民家を改装して、器を中心としたギャラリーのようなお店です。

手入れの行き届いたお庭、隅々まで気配りがされている空間は清涼でありながらも
温かみがあって、居心地がよい佇まいでした。

気持ちのよい空間に身を置くと、充実した気持ちになります。

高校1年生からいけばなを10年位習っていたのですが、
その教室(先生の自宅)に行ってた時のことを思い出しました。
煩雑な日常から切り離された、静寂な場所と時間は貴重です。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-01-12 00:50 | 日記です | Comments(3)

三が日

元旦は、おせちを食べて、青空に誘われて、自転車で多摩川に出た。
     川上に向かって走り、矢の口で鶴川街道の橋を渡って、対岸へ。
     河原では凧揚げ、散歩などのどかに休日を過ごす人がたくさんいた。

2日は、洗濯を2回して、
     冬休みの宿題のためにメニューの書き換えの下がきをして
     もう一つの宿題の山桜のテーブルのオイル塗装をした。

3日は、早起きをして山歩き。登戸で丹沢・大山フリーパスを買い、
     秦野からバスで蓑毛下車。ヤビツ峠から尾根道を通って大山山頂。
     日向薬師方面に下り見晴らし台からモミの原生林を通って大山下社へ。
     バス停まで石段を下る。11月の末に行ったコースと同じ。
     植生の変化に富んだお気に入りのコースです。
     
 本当に穏やかに過ごした三が日。
 いろいろなことを回想して、噛みしめた三が日。
 静と動、終わりと始まりが混ざった三が日。
 
 
 
[PR]
by tamaribakuji | 2010-01-03 21:43 | 日記です | Comments(2)

晴れ渡る青い空、風もなく、穏やかな快晴です。
昨日、取り入れるのを忘れていた洗濯物がお陽さんを浴びて
ちょうどいい感じに乾いていました。(午前9時半)

年末は、いつものお客さん・そして久しぶりのお客さんが来てくださって、
ねぎらいのことばをもらい、感謝と、しみじみ感激です。

今年で50歳になります。
なのに最近、体力が付いてきて、丈夫なからだに自分でも驚いています。
物忘れは進んでいますが、この体力を生かして、
今年も楽しくがんばりたいです。

 みなさまにとって 幸多き一年になりますように。

  
   
      冬休みの宿題 : 山桜のテーブルのオイル塗装・
                  ブログに写真をアップ&カテゴリーを増やす(メニュー)
     

[PR]
by tamaribakuji | 2010-01-01 10:15 | 日記です | Comments(0)

お疲れ様です

2009年、あなたにとってどんな一年だったでしょうか。
そうですよね。一言で言えないですよね。

30日で、2009年の営業を終えて、
夜、この一年とその前の何年ものことをぼんやりと頭の中を巡らせていました。

大晦日、紅白歌合戦をやっている今でも、年賀状がまだ終わっていません。
今年はなかなか文面がまとまらなくて・・・。
おせちを食べながら明日も書きます。

2010年の我が家のちょっとだけおせちは、
1. 黒豆
2. 数の子
3. お煮しめ(里芋・こんにゃく・蓮根・椎茸をそれぞれ別々に煮含めました)
4. 紅白なます
5. たたき牛蒡
6. 八幡巻(牛蒡を豚肉で甘辛く)
7. 千枚漬け
8. かまぼこ
9. 川海老(8と9は市販品です)
そして、お雑煮です。


 みなさま、よいお年をお迎えください。
[PR]
by tamaribakuji | 2009-12-31 23:21 | 日記です | Comments(0)

もの思う夜

土曜日は、見事に輝く三日月だった。
今日は、ふくよかになって優しい表情のおつきさん。
冬の夜空に魅了されています。

今夜は、東チモールのコーヒーを飲みながら。

わたしは、特に得意なこともなく、個性的でもなく、そこそこできる子で、
手もかからず、これといった反抗期もありませんでした。
深くものごとを考えることなく、その時その時やりたいことをあれこれやって
でも、本当にやりたいことがわからないっていうのがわたしの人生で、
32歳で子どもを産んでその後の就職活動で挫折して、
わたしって、一体何をしたいのかって愕然としたことがあります。

そして、わりと最近、わたしの人生で大きなことを一つ、諦めました。
諦めるって、凄く望んで努力してきたことを自分の能力では、
かなわないな~って区切りを付ける時。自分のからだの一部を
そこに置いて、これからを生きていくことを選択することだと思いました。

で、わたしは、辛い人生なのかというと、そうではなく、
ここ何年も幸せと感じることが多いです。

当たり前のことですが、やりたいことをすることと幸せは別問題。

丁寧に、そして心を込めて自分の人生を生きていけるようにと。

がさつなわたしには難しいです。よく忘れてしまいます。
でも、そうありたいと思います。
[PR]
by tamaribakuji | 2009-12-21 23:46 | 日記です | Comments(0)

夕べ、一緒に住んでいたりかちゃんといっぱいしゃべった。
わたしにとっては、友だちというより家族のような存在です。
関西同士なので、ことばのセンスが同じだし、
いろいろなことを分け合ってきた人だから、話していると心地よくて。

りかちゃんは、わたしよりも一回り年下で、
愛知県に住んでいる時に行ってた大学の同級生。
大学の時は、ことばを交わしたのは「こんにちは」って、一度くらい。
卒業してから同級生らと作っていた通信「鬼が笑っても」を通じて話をするようになった。

「鬼が笑っても」っていうのは、「来年のことをいうと鬼が笑う」と言うけれど、
鬼が笑っても、来年のこと、再来年のこと、ずっと先のこと・・・、
そう夢を語り合おうねっていうネーミングなんです。

そんなロマンチックな山男がメンバーにいたのです。

メンバーは、女子6、男子4で、自称「おにわらーず」と・・・ちょっとテレますね・・・。
「鬼が笑っても」の通信は6年くらいで終わりました。
でも、おにわらーずは、それぞれ遠くに住んでいる、今でも話せる仲間です。

りかちゃん、風向きがよければ、今週の木曜&金曜にたまりばーるに遊びに来ます。
いい風が吹くことを願っているかなやまです。
[PR]
by tamaribakuji | 2009-12-14 23:18 | 日記です | Comments(0)