カテゴリ:美味しい話(レシピなど)( 35 )

今日は、降り積もっていく雪を眺めてうきうきな一日でした。

お料理教室で作った一品をわたしなりにアレンジしました。

これは、一週間分作り置きできて、応用がきくので、
忙しい方や合理的に調理をしたい方にお薦めです。

まず、作り置きできるスープの種をまとめて作ります。
時間がある時に1時間あれば、あとは楽々です。

<基本の材料>
 大根・人参・牛蒡・蓮根・里芋・水・キャベツ・塩

<作り方>  
1.大根・人参・蓮根を小さめのいちょう切り、牛蒡は斜めの薄切り、
  里芋は少し厚めのいちょう切りにする。
2.1.の里芋以外の材料をお鍋に入れて、かぶる程度の水を加え、
  ふたをしないで中火にかける。軽く火が通ったら里芋を加える。
3.八分通り火が通ったら、火から下ろす。(これが、A)
4.キャベツは1センチ角に切って、ちょっと強めの塩をして、
  軽く重石をして30分置いたら、ビニル袋に入れて
  空気をしっかり抜いて一晩冷蔵庫に置く。(これが、B)

AとBは、冷蔵庫で1週間保存できます。
このAとBを使って、根菜スープを作ります。

その1、お味噌汁 
 AとBと水と切り昆布か粉かつおをお鍋に入れて中火にかける。
 煮立ったら、お味噌を溶かし入れる。(おろししょうが)

その2、シンプルスープ
 AとBと水をお鍋に入れて中火にかける。
 煮立ったら、市販のスープの素とコショウを入れる。(パセリ)

その3、クリームスープ
 AとBと少しの水と鶏肉やキノコ又は茹でた豆をお鍋に入れて
 中火にかける。
 煮立ったら、クリームシチュウの素かホワイトソースか牛乳を
 いれる。(パセリ)

その4、ミネストローネ
 AとBと水とトマトの水煮とあれば赤ワインをお鍋に入れて
 中火にかける。
 煮立ったら、パスタを折りながら加えて7分加熱する。
     (粉チーズかエキストラバージンオリーブオイル)

その5、カレースープ
 AとBと水とシーチキンをお鍋に入れて中火にかける。
 煮立ったら、カレー粉を入れる。(バター)

*どれも、10~15分程度でできます。
*それぞれの分量や味付けは、お好みで加減してください。
*( )内のものは、あれば最後に乗せてください。

ちょっと工夫すれば、いろいろなものに展開してける
便利なお料理です。
どうぞお試しください。

 
[PR]
by tamaribakuji | 2011-02-11 23:06 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

柚子茶を仕込む

土曜日、やっと今年の分の柚子茶を仕込みました。
2月に入ったら、味わっていただけると思います。
柚子茶の作り方は、いろいろあるようですが、

こんなふうに作ります。
柚子を洗って、水気をよく拭きとって、皮を剥く。
実と皮にわけたら、白い筋や白いわたの部分
それと種をできるだけきれいに取って(ここで手を抜かない)
実、皮、砂糖(蜂蜜、氷砂糖、黒砂糖でもお好みで)の順で
3層くらいになるように重ねて2週間くらい置きます。
*皮は全部使いません。
時々瓶を揺らしてください。

できあがったら、柚子茶の液を漉して瓶詰めにして、
皮は、刻んで煮詰めてマーマレードのような感じのものを作ります。

温めたお湯呑みに柚子茶の液とマーマレードを適量入れて
あつあつのお湯を注いで、どうぞ温まってくださいな。

ちょっと面倒なところもあり、
手間の割には思ったほどの量ができませんが、
柚子の香りに浸りながら作ってみてください。
[PR]
by tamaribakuji | 2011-01-17 00:11 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(2)

豆腐のラザニア

今年のベジタリアンなクリスマスメニューのメインは、
「豆腐ラザニア」
パスタの代わりにお豆腐を使って、
ホワイトソースとラグーを重ねて焼いています。
(今日来たお客さんが、「おかわりするならこれだね。」って)

これは、辰巳芳子さんのレシピを参考にして作りました。
ホワイトソースの牛乳とバター、最後に乗せるチーズは動物性ですが、
お肉などを使わずにトマトと野菜とソースのハーモニーで
しっかりした一品になっています。

決して難しくはありませんが、手間のかかる料理です。
辰巳さんはとても丁寧な作る方を教えてくださっています。
「料理をする」、「食べていただく」、そのことを考えさせてもらえます。

豆腐ラザニア、作ってみようと思う方は、
気合いを入れて、直接お尋ねください。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-12-22 23:52 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

先週は、いろいろとあって、夜更かしが続いてしまい、
朝から喉が痛いので、イソジンでうがいをして
ほうじ茶をたくさん飲んで、   そして、

この間、お客さんから聞いた
ホットオレンジジンジャー」をアレンジして作りました。

愛知県のとりのさとから届いた
皮の薄いみかん2個を絞って(果肉も入れる)、
ミルクパンで温め、お水とお砂糖を少し加えて、
熱くなったら、カップに注いで、しょうがの搾り汁を入れて。

美味しい、ホントに美味しい。お砂糖と生姜の量はお好みで。

難しいことは少しもありません。
よかったら、お試しください。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-12-06 12:10 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

ご紹介するのは、コールスローです。

和風に仕上げたい、と思って。

野菜は、キャベツ・人参・ピーマン・胡瓜
ほかの野菜でもいいです。
千切りにします。
味付けは、刻み昆布にオリーブオイル・塩・コショウ
ヨーグルト、それに白ワインで溶いた柚子胡椒で
味を調えます。

茄子と牛蒡のトマト煮は、
手間がかかるので、レシピが長くなります。
お休み前なので、今日はこれで。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-10-23 23:36 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(1)

抜き菜のほろほろ

何度もどこでも耳にしている「天候不順のため・・・」
高くなった野菜を余すところなく、美味しく食べたい。

そういう訳で 抜き菜のほろほろ

材料は、蕪や大根の葉・ちりめんじゃこ又はしらす干し・松の実又はくるみ
調味料は、油・酒・醤油・みりん・味噌

1.葉っぱをさっとゆがいて水気をしっかりとり、油で炒める。
2.木の実を軽く炒っておく。
  お味噌を直火で炙って、焼き味噌も作っておく。
3.ほろほろと水分がなくなりそうになるまで炒めたら
  おじゃこと木の実とお味噌以外の調味料を入れて
  再びほろほろになるまで炒める。
4.焼き味噌を加えてまんべんなく混ぜ合わせて
  火を止めて、でき上がり。

保存食です。ご飯のお供です。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-10-04 20:59 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

おからのドライカレー

初めて来てくださった方から、「美味しい」と
コメントをいただいてお店を褒めてくださって嬉しい限りです。

お店で作っているお料理に秘密にするようなレシピはありません。
いろいろな料理本を見て、自分なりにアレンジして作っているものです。
ひと手間、ひと工夫が、信条です。

<おからのドライカレー>
1.お鍋を火にかけて、油をひき、
  みじん切りのしょうがとにんにくを炒めます。
2.玉ねぎ・ミンチ・人参・ピーマンを順に炒めます。
  *野菜はみんなみじん切り
  *セロリやきのこなどお好みでいれてください。
3.油を足して、カレー粉を加えて炒めます。
  *カレー粉は、ラベルにインデアンの横顔がある瓶入りのもの。
    このカレー粉が香りがよくて美味しい。
    小田急OXやキノクニヤに売っています。
4.塩・コショウ・砂糖・ケチャップで味付けします。
5.おからと牛乳と水加えて、水分がいい感じになるように
  煮込みます。(10分くらいかな)
6.味を調えてできあがり。

 見た目はそれほど…ですが、
 おからとカレー粉がいい味をだしてくれます。
 そんな可愛いヤツですので、
 美味しくな~れって思いながら作るのが、コツです(⌒-⌒)

[PR]
by tamaribakuji | 2010-05-24 23:50 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(2)

白和え

時々「有機野菜のお惣菜」の献立に登場します。
白和えって、ちょっと面倒な感じがしますが、
電子レンジとごま油の力を借りれば、お手軽です。
主菜を作る合間を使って、
大豆と野菜の美味しさのハーモニーを味わえる白和えを
食卓の仲間に入れてみてはいかがでしょうか?

白和えの野菜は、人参・春菊・菜の花・小松菜などをいろいろな野菜で。

1.絹ごし豆腐をお皿に乗せてレンジで加熱する。
2.ペーパータオルを乗せたざるに1の豆腐を上げて水を切る。
3.材料の野菜を茹でざるに乗せて冷ます。
*ここまでしたら、ほかのお料理の支度をするといいと思います。
4.2の豆腐をすり鉢に入れ、塩と砂糖を入れて滑らかになるように擂る。
5.4にごま油を入れて均一になるように混ぜる。
6.5に適度に水を切った3の野菜を入れて和える。


*白和えの和え衣はちょっと味が強いくらいがちょうどいいです。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-05-17 23:18 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

お花見御膳のご飯は、桜ご飯です。
型抜きがあれば、どんなご飯もおもてなしの一品に変身です。

桜ご飯  ~ほんのり桜の香りを楽しむご飯~
1.酢・砂糖・塩と桜花漬け&桜葉漬けのみじん切りを
  容器に入れて混ぜます。
2.あつあつのご飯に1を適量混ぜます。
3.桜の型抜きに2を入れて、でんぶを乗せて
  型を抜きます。
4.緑の葉っぱをあしらうとさらにステキ!!

扇型の型抜きは、季節を問わず使えて便利です。

ご飯に鮭フレークを混ぜて、
菜飯(大根葉を湯がいてみじん切り)、
わかめご飯などを
型に入れて抜いたご飯に季節の葉っぱやお花を
あしらうと、忽ちご馳走に。

間単にできるおもてなしご飯をおうちでもお試しください。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-04-04 00:43 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(0)

寒いです。寒いのは苦手です。
寝る前には、ふとん乾燥機をかけてぬくぬくになったパジャマを着て、
ぬくぬくのベッドにもぐりこみ、幸せを感じています。

今週作った白菜のポタージュ風スープの作り方

1. 鶏がらストックをとります。
2. 昆布ダシをとります。
3. 1と2のストックを3:1くらいの割合で合わせてお鍋に入れ火にかけます。
4. 千切りにした白菜を沸騰した3に入れて、5分くらい煮ます。
5. お酒・塩・薄口醤油で味付けをします。
6. ミキサーにかけて、再び火にかけて、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
7. お椀によそって、青海苔を真ん中に添えます。
 
 
  あったまるスープです。
  白菜の甘みが決め手です。 
  寒い季節だからこその味わいです。 
 
[PR]
by tamaribakuji | 2010-01-16 01:04 | 美味しい話(レシピなど) | Comments(2)