8月末、夏休みが終わったって、いまだに思います。
夏の思い出と共に切ない思いがします。

それにしても、畑の野菜たちにとっても厳しい残暑のようです。

 1. 茄子の揚げ浸し
 2. 胡瓜の中華風酢の物
 3. じゃが芋の豆乳グラタン
 4. ゴーヤの和風サラダ
 5. モロヘイヤと油揚げの煮浸し
 6. ごま人参
 7. 手づくり豆腐・抹茶仕立て
 8. 平飼い玉子の出し巻
 9. つるむらさきのお吸い物


今年、娘は「大きな冒険」をしたようだ。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-31 01:12 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

9月の予定

暑い、暑いといいながらもう9月です。

1日(水)~ 「次の読み手に」 ~ちょっとだけ古本市~       
         押入れに眠っていた本を整理しながら
          「いい本だな~」とつぶやいています。
         少しずつお店のカウンターに並べます。
                 1冊 50円~
              
12日(日)   フリーマーケット  11~15時 

          恒例の工房たまりばフリマです。
          おうちにある不要なでもまだまだ使えるリサイクル品を
          次の使い手につなげるフリーマーケット。
          売上金は、NPO法人フリースペースたまりばを通じて
          子ども達の活動に役立てます。
     *藤田さんの手づくりお惣菜パンの販売もします。

26日(日)   美味しい珈琲を淹れる会
           
          ①15時~ ②16時~  ③17時~  *各回2人
            ★ コーヒーの基本的な淹れ方の説明と実技実習
                  {定番のブレンドを3回淹れます。)
            ★ 参加費  1000円  又は、900円+100たま
                (おうちで復習用コーヒー豆1回分付き)
            ★ 申し込みは直接お店で 又は、お電話で
                          044(813)5248

           *詳しいこと、なんでもお気軽におたずねください。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-30 22:55 | 今月&来月の予定 | Comments(0)

きれいなお月さん

今日は満月、昨日も一昨日も
きれいに輝くお月さんが見えた。
自然豊かというには、都市化が進んだまち。

空を見ると、
満天の星空とか、抜けるような青空とまでは、
いかないけれど、
プラス想像で、
大きな自然を感じられる。


今朝、
多摩川沿いの道を歩いた。
もちろん、健康のため!
河原は空が広くて好き。
明日も早起きできるかな。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-24 23:44 | 日記です | Comments(3)

お店で使っているりんごジュースを作っている長野の農家、
三水の里から真っ赤なトマトが届きました。
トマトを調べたら、なんやかんやと健康にいいことを書いていた。
そんなトマトを味わってください。

1. 南瓜の洋風蒸し
2. 茄子の田舎煮
3. 山形のだし
4. 平飼い玉子の出し巻
5. 豆のトマト煮
6. 手作り豆腐とつるむらさき
7. トマトの一品
8. きゅりのとろとろ汁
9.ゴーヤと豆腐の炒め物


 「トマトの一品」って、何?って感じですが、
 お楽しみに。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-23 22:54 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

a0132059_21491274.jpg

<大人向けの本棚の紹介>
~雑誌~
ku:nel(クウネル) マガジンハウス 隔月刊(定期購読)
  毎号充実しています。はずれがほとんどありません。
うかたま       農文協      季刊(定期購読)
  食と暮らしをたのしむ1冊
チルチンびと    風土社      月刊(たまに)
  環境重視の住生活読本
住む。        農文協      季刊(たまに)
  いい号はとっても素晴らしい。大人向けの「住む」に関する本

~暮らし系の書籍~
いまどきの和の器  高橋書店  *絶版になっています
   何度見てもステキだなと思える器の本
物語のある暮らしの雑貨  主婦と生活社
   内容よりも見た目がいい感じ、つい開いてしまう。
住宅読本   中村好文(建築家)  新潮社
   買ってよかった、と思ったこの1冊
器こそ、わが人生   月刊「カーサブルータス」
   ちょっとアートな感じの器たち
nid(ニド) vol.16 2010.3  エフジー武蔵
   日常に使えそうな良質の和雑貨紹介本

~調べる本~
てんきごじてん~風・雲・雨・空・雪の日本語~
       写真 鈴木 心  ぴ絵・ブックス
   質感と写真がいいあーとな辞典
木の本<かがくのほん>   福音館書店  
       え 高森 登志夫  ぶん 萩原 信介
  児童書ですが、木を知る入門書としていい。
ハーブの知識と応用  小松美枝子 著  グラフ社
  ちょっと古いですが、ハーブのことが網羅されてます。
新版社会人のための国語百科 カラー版  大修館書店
        編集代表 内田 保男 ・ 石塚 秀雄
  カラー資料が豊富で、分かりやすい。
柳宗民の雑草ノオト  毎日新聞社
  あの民藝運動の柳宗悦の息子さんが書いた
  身近な雑草がいとおしくなる絵と小文
写真で見る植物用語  全国農村教育協会
        岩瀬 徹 ・ 大野 啓二
  植物の世界に一歩踏み入って賢くなった気がする本

~アートな本~
堀文子画文集 命の軌跡  ウィンズ出版
   じっくりご覧下さい。
pen(ペン) 1冊まるごと印象派  2010.6 阪急コミュニケーションズ
pen(ペン) やっぱり好きだ 草間 やよい  2010.2
   penは時々いい編集の特集をする。 どちらも充実の内容です。  
一個人 ~奈良 古寺と仏像~
   子どもの時からお寺と仏像が好きなわたしが久々に買った。
写真集 鎌倉の森 台峯  関戸 勇  岩波書店
   わたし、関戸さんのファンです。この写真集はお店で人気
一滴の海  石塚 朝子   WAVE出版
   写真&詩集  若い頃感じたことをもう一度味わいたい時に
ことばあそびうた & ことばあそびうた また  福音館書店
      谷川俊太郎  瀬川康男  
   楽しい言葉遊びに瀬川ワールドな絵 1冊で二度美味しい

~遊びながら学ぶ~
クレヨンハウス 絵本スクール   クレヨンハウス
   絵本情報誌  絵本の世界地図付き
カラー版 鎌倉 感じる&わかるガイド  岩波ジュニア新書
       写真 関戸 勇   文 岡田 寿彦
    いつもと違う鎌倉を楽しみたいと思ったら、ぜひ。
地球家族 世界30カ国のふつうの暮らし 
       マテリアルワールド・プロジェクト  TOTO出版
    大判の写真を見て、世界の人々の暮らしに出会おう。
北極探検     評論社 
       ピエロ・ベントゥーラ 絵  ジアン・パオロ・チェゼラーニ 文
   児童書。絵と文で北極探検の歴史を辿ります。

~食と農~   
THE ESSENTIAL Vegetarian(ヴェジタリアン)
       小林 理子 訳  ターネマン出版社(ドイツ)
   ヴェジタリアンの百科辞典のような本。現在日本語版は絶版
月刊 たくさんのふしぎ かんたんレストラン 世界のおやつ
   子ども向けの月刊誌だけれど、使えるレシピ 絵がいいのよ~
つくる たべる 昔野菜   新潮社
        文 岩崎 政利   写真 関戸 勇

~地域を知る~
宿河原の桜
    二カ嶺用水桜並木の関する地元本
語り継ぐ宿河原
   この1冊で宿河原「博士」になれます。貴重な資料豊富な豪華町会誌
筆にまかせて   伊東昌平
   王禅寺・生田の里山の風景と歴史を温もりある絵と文章で。 
   
   
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-22 23:36 | Comments(0)

悟りの正体は

まだ、掴めていませんが、
最近、ちょっと立ち止まって考えることが重なりました。
(献立には関係ないかな?)

1. トルコ風茄子のトマト煮
2. お豆の中華風和え物
3. モロヘイヤと油あげのおひたし
4. 平飼い玉子の出し巻
5. ゴーヤの揚げ浸し
6. 手づくり豆腐のオクラサラダ風
7. なすと胡瓜の梅酢漬け
8. 焼き南瓜の味噌汁


トルコ風茄子のトマト煮は、
「イマームバユルドゥ」=お坊さんの気絶 という名前の料理。
気絶してしまうほど美味しいということだそうです。
トルコの人が大好物ってことですね。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-16 15:39 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(1)

悟りを啓く?!

ちょっと早起きをして、電車に乗って武蔵五日市へ。
改札を出たら、「バスが出ますよ~」って声に誘われて
行き先を決めてないまま、急行都民の森行きに乗った。
最初に停車した本宿役場前で降りて、
立派な入母屋造りのお屋敷を外から見て、払沢の滝。

天狗滝で、ゆっくり過ごす。
滝の前は、日差しは柔らかく、涼しい風が吹き、
ゆりかごにいるようで心地よく眠っていました。
まだ、混沌としているのですが、
なんだか「悟りを啓いた」感じです。
「気のせいよ~」と言われそうですが、
帰ってお風呂に入って鏡を見たら、すっきりとしたわたしが・・・。
今朝までのわたしと違うのです。
暑さのせいか、信じて疑わないわたしです。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-15 22:10 | 日記です | Comments(2)

手にとってご覧下さい

先日、お客さんから1冊の本をいただいた。
「筆にまかせて」~伊東昌平~
くださった方(娘さん)のお父さんが
綴った文章と絵・版画の自費出版の本。
そこには、昌平さんが育った頃の
王禅寺の風景や戦争の頃の様子などが。
まるで囲炉裏端で語ってもらっているような心地になります。
編集のお仕事をされていた娘さんが
丁寧に作られた本だからこそ
家族へ、自然へ、命あるものへの愛情が感じられます。

すぐに読みきれる一冊です。
どうぞ手にとってご覧下さい。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-12 23:31 | 日記です | Comments(0)

お裾分け・おみやげ今昔

その1
先週、近所のおばあちゃんから靴下と布巾をいただきました。
布の袋に入れて。
「袋は返してね」(そうだ、確かにいつもおばあちゃんが使っている袋だ)
「ありがとうございます」と言って返して、
おばあちゃんが帰った後に、思い出しました。
子どもの頃は、近所のおばちゃんが、
お裾分けを陶器の器に入れ、風呂敷に包んで持ってきてくれました。
そして、返す時には、家にあるちょっとしたお菓子や
適当なものがない時は、「カラでごめんな~」と言いながら
風呂敷と器を返したことを思い出しました。
なんと美しいことでしょうか。

その2
ちょっと早めの夏休みで帰省されていた方からお煎餅をいただきました。
食べよっと懐かしいな~このお土産の紐、と包みを開くと、
円筒状に包まれた包装紙は、くるくるっと巻かれ、
セロテープも使わずに包装紙の両端がうまく折り畳まれていました。
お煎餅は、原材料は米粉とお醤油のみ、炭火手焼き。
このお店の商品は、その一種類。
なんと美しいことでしょうか。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-11 00:17 | 日記です | Comments(2)

献立&くるくる紙芝居展

定休日の今日、お店でいずみさんとお話をしていて
くるくる紙芝居が話題に!
くるくる紙芝居って、ご存知ですか?
ロール状の紙にお話と絵が紙芝居のように書かれ、
くるくる回しながら、お話が進んでいく、
とっても素朴で楽しいアートです。
その「くるくる紙芝居展」、8月18~30日 
原宿積雲画廊で開催されます。

さて、今週の献立です。
 1. かぼちゃと小豆のいとこ煮
 2. 茄子ときゅうりのピリ辛中華風
 3. ゴーヤのチヂミ
 4. ひじき入りポテトサラダ
 5. 手づくり豆腐+つるむらさき
 6. ゴボウと蒟蒻の味噌煮
 7. 平飼い玉子の出し巻
 8. オクラのおすまし


食欲がない時もしっかりバランスがとれた
美味しい野菜料理を、と献立を立てました。

たまりばーるは、15日(日)だけお休みします。
[PR]
by tamaribakuji | 2010-08-09 20:25 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)