暦では、 二十四節気 夏至 (6/21 ~ 7/6)
     七十二候  菖蒲花咲く (6/26 ~ 7/1) 説明抜きでわかる時候です。

夏がやってきました。
夏野菜がやってきました。

南瓜、トマト、ピーマン、茄子、胡瓜、モロヘイヤ、オクラ、シソ、、、

夏野菜、満載の献立です。

1.茄子とピーマンのしぎ焼き(味噌炒め煮)
2.トマトとお豆のおひたし
3.おからのドライカレー
4.ねばねばおひたし(モロヘイヤ&おくら)
5.出し巻き玉子
6.シークワサーなます(大根と人参)
7.薬味醤油&ミニトマト冷奴
8.胡瓜のビールわさび漬け
9.わかめのおすまし


今週末には、7月に。
沖縄は梅雨明けをして、梅雨前線は、こちらにやってきます。
なんとなくからだがだる~くなりがちなので、
こんな感じの献立を立ててみました。

a0132059_11271250.jpg

南瓜は届いたけど、日持ちがするので、来週に。
美味しい南瓜の見分け方、鮮やかな緑よりちょっと落ち着いた沈んだ感じに
なったら、熟しているそうです。
丸いままで買うことは少ないかもしれませんが、
皮の感じを見て買ってみてください。

南瓜で思い出したんだけど、
4月に長野県伊那市の友だちが営んでいる産直市場で買った
「沖縄県南大東島産 南瓜 品種 つよし」
これが、メチャメチャ美味しかった。
こういうことが、あると、嬉しくなります。

今日は、こども食堂homeの開催日です。
これから、ご飯を食べて、準備に向かいます。








[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-27 11:46 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

「夏の季(とき)」

今日は、お茶のお稽古でした。
夏を感じる、しつらえとお道具とお菓子
お稽古中は、写真が撮れないので、拝借
もりだくさんなお稽古で
廻り花 = 先生が用意してくださった季節のお花を1~2種類選んで、一人ずつ順番に床に飾られた花器に生けます。
      今日は、魚籠に生けました。 ↓ こんな感じの魚籠でした。
       
a0132059_23491761.jpg

茶箱 卯の花 = 茶箱は、携帯用茶の湯セット。「卯の花」は、この季節のお点前の名称です。
         お茶道具がコンパクトに納まったままごと遊びのような
        
a0132059_23433905.jpg

濃茶 平点前 = 一般的にお抹茶を喫するときは、薄茶で、もっともっと濃いお抹茶を点てる時の基本のお点前

日曜日にとってくださったたまりばーるの「夏の季(とき)」
  べっぴんさんでしょ。
a0132059_23051419.jpg


[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-26 23:04 | 日記です | Comments(0)

明日から梅雨本番?!

梅雨、どんな食べ物、料理がいいのかな~て考えていた。
考えるより前に、
気温が上がってきたけど、体を冷やさなん方がええなぁ~とか
じめじめすると、どんより気分になるので、いつもより代謝が上がるものがええなぁ~とか
って思って調べてみたら、薬膳的にもそうみたい。
体を温めて、発汗を促進し、、、=生姜、葱、シソ
体内に滞りがちな水分を排泄できるようにして、、、=ハト麦、大麦、小豆や緑豆などの豆類
消化を助けるものがいいらしい。。。=香辛料、ハーブ類
というわけでこんな感じにしました。
献立名は、洋風な匂いがしますが、結構しっかり和風です。

1.小玉ねぎと大豆ミートのあご出しスープ煮
2.じゃが芋のジェノベーゼ
3.緑豆サラダ
4.きゅうりの梅肉和え
5.出し巻き玉子
6.人参のパテののった冷奴
7.ねぎ味噌
8.ゴマたっぷり生姜風味の
はりはり漬け
9.有明海苔と豆腐のおすまし

小玉ねぎは、スープも召し上がってくださいね。
玉ねぎは、一度オーブンで焼いています。

a0132059_19240859.jpg

この写真は、昨日の散歩中で撮ったイチョウです。
イチョウは、成長の早い樹ですね。
昨日は、よく目に入って来ました。

写真には納められませんでしたが、
夕暮れの富士山。やっぱり美しいなぁ~




[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-20 19:33 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

エチオピア 飲み比べ

コーヒーのルーツ「アラビカ種」
「美味しいコーヒーだな~」と思って飲んでいるコーヒー豆の品種の代表格の「アラビカ種」
その原産国は、エチオピア。今でも野生のアラビカ種のコーヒーの木が自生しているそうです。

それぞれの個性が光るように焙煎された3種類

☆ハイロースト(ちょっと浅めの焙煎) ハル ウォッシュト
 果実感のある酸と余韻に広がる甘味を感じる、清涼感のある初夏のコーヒー

☆シティロースト(定番のブレンドと同様の深さの焙煎)デボ ウォッシュト
 エチオピアらしい華やかなフレーバーと心地よい酸を持つ飽きのこないコーヒー

☆フレンチロースト(アイスコーヒーなどに合うしっかりした焙煎) ゴティティ ウォッシュト
 苦味と甘味に加え、しっかりとした果実味を持つコーヒー  アイスコーヒーもできます。

お好みの焙煎から味わってみてください。
a0132059_23564415.jpg
こんな感じの雑木林みたいな所で栽培しているそうです。

[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-19 23:28 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)

梅雨らしくない雨

梅雨入りしてからあんまり雨が降っていない。
で、降ったと思ったら、梅雨らしくない冷たい雨
じめじめしていない雨

1.新じゃがの黒酢あん
2.えのき茸と胡瓜のおひたし
3.つぶし大豆の天ぷら
4.人参のグラッセ
5.出し巻き玉子
6.煉り胡麻ザー菜の冷奴
7.切り昆布とこんにゃくの当座煮
8.キャベツの薬味漬け
9.千切り野菜のおすまし

a0132059_00024160.jpg
今日は、こども食堂homeの無料塾「べんきょう部屋」でした。
その準備中にパシャリ📷 ええ具合の雨です。
お店の向かいの南武線のフェンス

書きたいことはあるけど、眠り魔神に屈服😢


[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-13 20:01 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

梅雨入りで

梅雨入りで、漬けました。
ひさびさに、漬けました。
a0132059_10110484.jpg


びわをいただいたので、びわ酒に。
近くの農家の直売所の梅がとってもよかったので、梅干しに。
ずっと毎年父が梅干しを漬けていたのですが、米寿を迎えた年に足がおぼつかなくなり、引退しました。
毎年20kg漬けていた父には追いつかない。まずは、4kg
重石は、米袋に500mlずつ4袋のジッパー付ビニル袋と1kgの重石
ちょっと少ないですが、梅が潰れぬように。
梅酢の上がり具合で重石の量が簡単に変えれるし、
使わない時の重石の置き場に困らない。
a0132059_10104552.jpg

梅雨入りで、ひさびさに、梅雨だからこそのお楽しみ。


[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-12 10:12 | 日記です | Comments(0)

二十四節気 芒種

「6月になりました」っていうと、梅雨入り。「YU~つゆいりません~」って思う。
じと~~っとして、蒸し暑くって、傘を手に持ち、荷物も増える。
普段自転車で買い物、通勤、送り迎えをしていると、「忍耐」を求められる。
カビが生えやすく、ものが腐りやすく、洗濯物がすっきり乾かず。。。
そんな雨の日が多い時候になる6月は、「芒種」(ぼうしゅ)
田植えの時期。昔は、水が十分あるこの時期が田植えに最適。
わたしたちの食卓をいつも下支えしてくれるお米。
わたしの大好きなご飯。
そうだから、梅雨をありがたくも思います。

1.だだ茶豆と叩きこんにゃくの煮物
2.新じゃがのおひたし
3.ズッキーニのおかか醤油
4.人参のかき揚げ
5.出し巻き玉子
6.中華風冷奴
7.切り干し大根の煮なます
8.きゅうりのピリ辛ナンプラー漬け
9.茎わかめの和風豆乳スープ

立派なズッキーニが届きました。
a0132059_20383682.jpg

先週は、韓国料理のジョンに、今週は、和風です。
ズッキーニは、かぼちゃの仲間だけど、歯ごたえがいいので、
その良さを生かした調理がいいなって。

ほかの国のことはよくわからないけど、
日本の家庭の食卓って、和も洋も中華もジャンルがごちゃまぜでも
うまくまとめることができるのが不思議。
きっとご飯と発酵調味料の懐の深さだと思う。

「芒種」に感謝。









[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-06 20:41 | 今週の有機野菜のお惣菜 | Comments(0)

ライブのお知らせです!

毎年いろいろなジャンルのミュージシャンとのライブをしてくださっている根本さん企画のライブです。
今年は、たまたまなんですが、たまりばーるの誕生日の6月18日です。
いつものように飛び入りコーナーもあり、わたしは紙芝居をします
一緒に楽しみにいらしてください。
a0132059_07325264.jpg

民族楽器音楽ライヴ
日時:6月18日(日) 17:30~19:45
チャージ:投げ銭
出演とタイムスケジュール:☆Appollo卯弦界 (17:30~18:15)
              学生時代に始めたバンド活動のボーカル&ギターでTV出演もしながら、
              やがて津軽三味線を弾きながら活動するようになった卯月清介。
              エレキギター・シンセ・PC・エフェクターを多用し
              「アルコール無しでとべる音」を目指してアコースティック演奏をしている山下健吾。
              この二人のコラボによって生まれる不思議な音の世界。

             ★飛び入りタイム (18:15~19:00)
              楽器演奏、詩の朗読、紙芝居など、、、ジャンルを問わず
              お客さんも自由にステージに参加できる時間です。

             ☆根本ノブヒロ (19:00~19:45)
              トンコリ(アイヌの竪琴)と三線(沖縄の三味線)を弾き語り、
              日本で数少ないボトルネック三線奏者の一人として三線サークルの指導もしている。





[PR]
by tamaribakuji | 2017-06-05 23:39 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)