おはようございます。大阪にいるかなやまです。

たまりばーるは、お休みだけど、イベントがあります。

主催者のやぶさんから 皆さんへのお知らせメッセージです。
映画好きのやぶさんが選んだ1本、間違いありません。
たまりばーるでおしゃべりしたい方も是非。

長いけど、読んでね♪

以下、やぶさんより

以前からやりたかった映画上映会です。
プロジェクター上映+あーだ、こーだおしゃべり。
ひとつの作品をもとに、知らない人たちが集まり
交流できる場をつくりたいので
誰でも気軽にきてください。

日時 7月27日(日) 18時開場 19時~ 上映

場所  オーガニックカフェ たまりばーる

上映作品 エミール・クストリッツァ監督
ドキュメンタリー「マラドーナ」

スペース利用カンパ 300えん(300たま)

この作品の中でのマラドーナ発言
「○○が会いたいって言ってもお断りだ!」
「□□□、あんたのためならおれは死ねる!」
さて、この○□にはいる言葉は何でしょう?

エミール・クストリッツァは旧ユーゴスラビア出身で、
ユーゴ内戦を虚実ないまぜになった叙事詩として描いた
大傑作「アンダーグラウンド」が有名です。
そして、世界映画祭の三冠(ヴェネチア・カンヌ・ベルリン)
受賞者でもあります。

マラドーナは、アルゼンチンの天才的なサッカー選手。
この作品は、彼の過激な発言の数々の裏にあるものや、
金や名声を得た一方で、孤独になり薬物に走り
あらゆる人間関係もこじらせるなど、
ダメ・マラドーナもしっかり描かれ、
“にんげんマラドーナ” に焦点を当てたドキュメンタリーです。
サッカーに興味がなくっても楽しめます。

クストリッツァの作品だからと映画館に足をはこび、
単なる英雄物語に終わらないこの作品を観て、
考えることがたくさん生まれました。

俺は多くの過ちを犯したが、
サッカーボールは汚れない" —1997年の引退会見にて

何かご質問などある方はやぶまで 
08066576634 tutinoco@gmail.com






[PR]
by tamaribakuji | 2014-07-16 05:43 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)

ブログを開いて下さって、ありがとうございます。

憩いと集いのオーガニックカフェたまりばーるです!

 南武線久地駅から徒歩2分、二ケ嶺用水の桜並木の近くに
 カフェたまりばーるはあります。

外から見ると、何のお店かな~って感じですが、
元おしぼり工場だったのを仲間と一緒に改装した内装に
手づくりの椅子やアンティークのテーブルなんかもある
くつろぎのオーガニックな空間です。
a0132059_15332540.jpg
 また、エントランスには、手作りの雑貨の販売コーナーがあります。

カフェメニューは、
 1杯ずつハンドドリップしたスペシャリティコーヒー
オーガニックのハーブティーやココアチャイ
自家製の季節の飲み物など。
 
  ☆週に一度は、体にいいこと、いい食事☆のお食事は、
 *産直の無農薬有機栽培の野菜をたっぷり使ったヘルシーなセット、
 *平田牧場の三元豚を使った旨みのあるポークハンバーグ、
 *10種類のスパイスを配合したインドカレー

絵本と木のおもちゃのある子どもコーナーや
 暮らし系の雑誌や書籍の棚があったり
お子さんも男性も女性も年配の方も

体も心もほっとする空間です。

  週末にゆっくりとお過ごしください。
 イベントをしていることがあります。
「お知らせ・催し物情報」&「今月の予定」を
チェックしてからのご来店をおすすめします。

a0132059_15362986.jpg

営業時間  平日  11:45~21:30(ご注文は、20:30まで)
        土・日  12:00~21:00(ご注文は、20:00まで)
           
休日    月 ・ 火曜日  と  月1日の不定休

客 席    カウンター 2席   テーブル席 18席  
         全席禁煙 
 
*駐車場はありませんが、お店の前は私道なので、2台駐車可能です。
*自転車でお越しの方は、お店の横に駐輪スペースがあります。

 地域通貨「たま」が好きなだけ使えます。
    http://www6.ocn.ne.jp/~tamanowa/

☆ フリーで、Wi-Fi 使えます。



お問い合わせ&ご予約は、

   TEL 044-813-5248

<駅からの地図>
a0132059_1172747.jpg

南武線久地駅下車 徒歩2分
 改札すぐの踏切を渡って、 登戸方面に向かって
 とても細い線路沿いの抜け道をまっすぐ行きます。
 次の踏切の向かいがお店です。(美容院の隣り)


 〒214-0022
 川崎市多摩区宿河原6-26-24 フジビル1F



[PR]
by tamaribakuji | 2012-11-22 08:50 | こんなお店です | Comments(0)