「大地奪われし人々」<写真展とトークショー>
  ~7年目のフクシマ 
     小さき人々の声は私たちの道しるべ~

 「わたしたちは、何を選択し、見過ごしてきたのか。
 未来は、わたしたちがつくっていく。」

 震災をきっかけに起こった「東京電力福島第1原子力発電所」の事故は、今なお続いています。
 その電力消費地のわたしたちは、事故の今の様子を見ることは、ほとんどなくなってしまい、わたしを含め、事故を忘れてしまった暮らしをしていると感じます。
 原発事故による放射能汚染で 突然住み慣れたわが家、わがまち、故郷に住めない、立ち入り制限になった人びと。
 その人びとの今の一端に触れ、わたしたちにできること、暮らし方を考えるきっかけになればと思って企画しました。

スライドトークショー
 原発事故による放射能汚染で立ち入り制限に家がある方々の一時帰宅に同行し、インタビューをした写真家菊池和子さんの50枚の写真をスライドで見ながら、今の様子を知り、交流します。
  
日 時 10月21日(日) 15時~17時
  参加費 800円 ☆資料、飲み物を含む
  会 場   カフェたまりばーる
        多摩区宿河原6-26-24
        南武線久地駅下車 徒歩2分  
  ご予約・お問い合わせ
    カフェたまりばーる 044-813-5248
 
a0132059_09140123.jpg

[PR]
by tamaribakuji | 2018-10-04 09:17 | お知らせ・催し物情報 | Comments(0)